夢と志の違いについて

夢と志は似たような言葉ですが大きく違いがあります。
それを理解しているかしていないかで願望を実現できるかどうかが変わってきます。

例えば夢が「フェラリーに乗りたい」というものだったとしましょう。
これは個人の欲求にすぎません。志は社会のために自分が何ができるかを考える事です。

「フェラリーを自分が乗っていれば誰だって経済的に豊かなになれることを証明できる」
「誰だって好きな事ができるようになれる」

そういった事を多くの人に伝えたい!
そんな想いが込められた夢が志となります。

明確な志を持つ

自己啓発系の多くの情報では、「自分が何をするのか?」という事を最初に考えさせられます。

しかし私は逆に考えています。

先に志を明確にすることで自分が何をすれば良いのかわかるようになってくるという考えです。

思い描く自分を目指す

どのような自分になりたいのか真剣に考える大人は多くはありません。

子供の頃はあれだけ将来に希望を持っていたはずなのに、年齢を重ねるたびに希望や志よりも現実的な事を考えてしまいます。そのため挑戦する気持ちがなくなって、「成功するビジョン」より「失敗しない方法」を選びがちになってしまうのです。挑戦して失敗した辛い記憶が挑戦する気持ちを奪っていくため、大人なるたびに新しい事をしなくなってしまいます。

しかし思い描く自分になるためには挑戦することは必要不可欠です。自分に本来備わったパフォーマンスを発揮し願望を実現するためにもまずは一歩踏み出しましょう。

全力でお手伝いをさせていただきますのでお気軽にご相談ください。